2カ月たっても記憶あり

2カ月たっても記憶あり

いま、毎日のように3月で辞めた会社から、引き継ぎをした友人から

電話がかかってきて、事務処理の説明をしています。

引き継ぎが3日しかなかったため、ちゃんとした引き継ぎができてなく

わたしが辞めた後に、上司が1カ月ついて少し業務引き継ぎ説明をして

それしか、教えてもらっていない状態なので、友人もえらく困惑しています。

わたしは、今電話には出られる状態なので説明をしてあげられるので、少しは

役に立っているようです。

遠隔ですが、専用のファイルメーカーや、ソフトなど今でもパスワードを含め

事務処理は覚えているので、全然説明もできるものなんですね。

気付けばもう会社を去って、2カ月くらいたつのですが案外まだ仕事できそうです。

現役で活躍出来そうなくらいだなと、自分でも思いましたね。

わたしもその3月に辞めた会社は、入社当初引き継ぎがみっちりと3カ月。

3カ月もあるなんて、優しい会社だなとおもったら、3カ月ないと引き継げない

業務量だったんですよね・・・。

そして見事に2人で行っていたものを、わたし一人に引き継ぎしていたので

業務量は半端なく、小さな会社だったので、こまごまとイレギュラーな事が

とにかく多い。仕事を覚えるのに一番苦労した会社でした。

通帳管理から社内の事務処理全てに、財務関係にと本当オールマイティーの業務。

引き継ぎをした友人にも、よくこれ一人でやっていたねと驚愕されてしまうほど。

慣れるとそうでもないんですが、最初の数カ月は泣きそうになってましたね。

でも、慣れるものなんですね。

この仕事、慣れる日なんて絶対こない!自分には向いていない!と

毎日毎日不平を言いながら帰っていたものでした。

でも今でも現役復帰可能だわ私と、説明していてふと思いました。

引き継ぎをした友人は今、非常に苦労していますが、頑張って乗りきって

欲しいものです!エールを贈りたいです!

ホワイトキー

外国で頑張る人への尊敬

わたしが22歳のある日、山手線に乗っていて隣にきた人に声を掛けられました。

その人は、台湾人でした。

とある質問をされて、YES・NOで答えて、少し話をしたのがきっかけで

少し仲良くなって、その台湾人や他の外国人が同じマンションに住む家で

パーティーなどをよくしていたようで、そのパーティーに友人と参加した事がありました。

そこで出会った他の台湾出身の人がいて、最初は日本語も話せないし、書けないし

聞きとれないし、会話もままならない人だったので、相手にもしていませんでした。

わたしは直接教えていないのですが、友人がメールアドレスを教えてしまって

メールが毎日のようにかかってくるようになり、電話もかかってくるようになり

わたしは会話もできないなら、かけないほうがいいと、冷たくあしらっていたんですが

その台湾人の猛アピールは凄かったです・・・。

一度だけ仕方なくデートをしたんですが、会話も漢字で書いて伝えたり

英語の単語せ説明するばかりでした。

ある程度日本語は、勉強していたようなので、少しの単語は理解できるんですが

大変でしたね・・・。

でも、外国の人にここまで猛アピールをされたのは、人生初めてでしたね。

ずっとずっと冷たくしていたのに、めげずに毎日必死になって、凄かったです。

でも、その頃は思いっきりふってしまったんですが、数年たって日本語が上達して

ペラペラ喋れるようになって、言葉も読めるようになって、すごく成長している姿をみて

少し感動して、見直しました。「あんなに冷たくされても、日本でよく頑張ったね」

なんて上目線ですが褒めてあげると、大喜びしていましたね。

外国で、言葉も文化も違う地で一人で頑張って仕事もして、言葉も覚えて

今では日本の企業でしっかり働いて、当時は嫌いでしたが、今では尊敬しています。

それ以上の関係にはなりませんが、尊敬する気持ちが出来たので、最近では

優しく普通に接しています。そんな彼も、つい先日、台湾に帰ると連絡がありました。

台湾へ帰って、会社を建てるそうです。きっと今頃立派な社長さんになっている事でしょう。

外国で仕事頑張っている人、本当に偉いなって思いました。